HMBサプリの最適な飲み方は

まず、大事なポイント。

 

HMBは1日あたり3000mg前後の摂取が推奨されています。

 

体重などによって、多少の誤差はありますが、2000mgはしっかりと毎日とれるものを探してください。
運動をする日だけ・・・というのでも、効果がまったく無いとはいい切れませんが、あまりお勧めできるのみ方ではありません。

 

では、早速ご説明いたします。

 

1日に1000mgずつ3回に分けて飲むのがベスト

あくまで1日に3000mgずつ摂取するという仮定です。
仮に2400mgしか摂取できないものなら、÷3で800mgと考えてください。

 

HMBは一度に摂取する量は1000mgが最適と言われています。

 

というのも、1000mgだと吸収率が85パーセント、3000mgだと吸収率が70パーセントと言われていて、一度に3000mg飲んでしまうと、吸収率の観点からあまり効率的とはいえないのです。

 

また、HMBは血中に取り込むことにより30分ほどで、血中濃度が高まってきます。
そして、3〜4時間かけて、ピークになり徐々に血中濃度が薄くなっていきます。

 

とすれば、一度に3000mg飲んでしまうと、5時間後には血中のHMBがなくなってしまうことになります。

 

常に、体内にHMB濃度を高めておく、というのが、HMBの効果を最大限に得るためのとても重要なポイントなんです。

 

3000mg前後HMBを摂取しようとすると、おそらく大抵のHMBサプリは6〜8粒ほど飲まなくてはなりません。

 

なので、一時に3000mg摂取しようと考える人は少なく、大抵のひとは、小分けに飲もうと本能的に考えると思いますが、知ってか知らずかその飲み方は正解だったんです。

 

ただ、理由を付け加えるとこうなります。

 

 

飲むタイミングは

三回に分けて飲むのは、わかった

 

 

じゃあ、タイミングは?と次にはなりますね。

 

 

基本的に食事の後に摂取するようにしましょう。

 

というのも、HMBはとても酸の影響を受けやすいといわれています。
ですので、お腹の空いている胃酸が物凄く出ているときに、HMBを摂取してしまうと、その効果は少なくなってしまいます。

 

お腹が一杯になっていれば、胃酸も少なくなっているでしょうから、そのときに飲むのが一番効果的といえます。

 

 

しかし、運動をする日、ジムに通う日は、ちょっと注意してくださいね。

 

基本的に3000mg以上のHMBを摂取しても、特に体に対して大きな被害がないという結果がでていますが、3000mg以上摂取してもあまり効果がないという結果もでています。

 

ですので、運動やジムに行く日などはちょっと工夫をしてください。

 

HMBはBCAAほどではありませんが、筋肉疲労も抑えてくれますし、ものによっては一緒にBCAAも取れるものがあります。

 

ですので、運動の前に1錠、運動後に2錠など、筋肉を激しく動かす前後にもしっかりと取るようにしましょう。

 

 

ちなみに、先ほどHMBは30分ほどで血中濃度がたかまり、3時間ほどでピークに達するということをいいました。

 

ですので、ジムに行く1時間前ほどにまずのんで、血中のHMB濃度を高めておく、そして筋トレが終わって筋肉が修復しはじめる(タンパク質と合成しはじめる)ころにもピークにしておくのが、とても効果的なHMBの摂取方法です。

 

参考にしてくださいね^^